icon_reread
また読みたい
フォロー
瞬きもせず(1)
“ある日気がついたら恋をしとってそれは空を見ているのに似ていてうちにはかかえきれんやった”――かよ子の切ない胸のうちのときめきは、女の子なら誰しもが知っている、あの、言葉には言いつくせない想いなのです。【同時収録】hislove
瞬きもせず(2)
――芳弘の告白から半年以上たった。以前は一緒に学校から帰ったり、よくおしゃべりをした。でも最近は部活がいそがしいのか、そういう機会はなくなっていた――。2巻では、芳弘との付き合いに自信を失くしそうになるかよ子の迷いと不安が描かれています。
瞬きもせず(3)
想いがつのるほど、ぎこちなくなってしまう二人。想いがつのるほど、相手を理解できないのではないかと、不安におちいってしまう二人。かよ子と芳弘は、ちょっとした行き違いから生じた危機を、手さぐりで乗りこえねばならなかった…。3巻では、二人の一時的な別れから自信と相手への信頼をとりもどしていく過程が、描かれています。
瞬きもせず(4)
一時の誤解がとけ、ふたたび芳弘とつきあうようになったかよ子。でも思いがけない心配事がもちあがる。一つは母親の病気。もう一つは、輝哉に恋人ができたこと――。4巻で、かよ子は2年生を終えます。その間に、修学旅行があり、芳弘はサッカー部の主将になります。それぞれの出来事を通して、二人はお互いに心の支えであることを、確認していくのです。
瞬きもせず(5)
かよ子と芳弘もいよいよ3年生です。まだ進路についての計画のないかよ子とは対照的に、芳弘は卒業後、就職する決心をすでに固めています。この町では、卒業すると他の県や都へ行く者が多いので、芳弘が都会へいってしまったら…と思うと、かよ子は少し不安です。人生の岐路を前に揺れ動く2人は、どのような思い出を作っていくのでしょう…。
瞬きもせず(6)
高3の秋を迎えたかよ子と芳弘。芳弘は東京の会社に就職が内定し、色々迷ったかよ子も、地元に残って地元の大学を受ける決心を固めます。芳弘のサッカー部は選手権予選で快進撃を進め、準々決勝で県下一の強豪と対戦することに…。芳広はこの試合に賭けていました。もし負けたらサッカーに未練が残る。でも勝てたら、思い残すこともないので、かよ子に「待っていろ」と言おう…と。
瞬きもせず(7)
リリカル・ロマン、ついに完結編。卒業式も終わり、いよいよかよ子と芳弘が東京へ発つ日がやってきました。芳弘とだったら、どんなつらいことがあっても絶対後悔しないと、かよ子は誓います。しかし、かよ子の父は故郷を捨てる娘を許しません。かよ子の乗ったバスに自転車で追いすがる父をふりきるように、かよ子は芳弘と東京へ旅立つのですが…。