あらすじ

――芳弘の告白から半年以上たった。以前は一緒に学校から帰ったり、よくおしゃべりをした。でも最近は部活がいそがしいのか、そういう機会はなくなっていた――。2巻では、芳弘との付き合いに自信を失くしそうになるかよ子の迷いと不安が描かれています。