とんでもスキルで異世界放浪メシ 1巻
『勇者召喚』に巻き込まれ、異世界に転移してしまったサラリーマン・向田剛志。異世界の王様の話に胡散臭さを感じた向田は、早々に国外脱出を決意し一人旅に出ることに。旅で頼れるのは、召喚時に唯一得られたスキル【ネットスーパー】。それは、異世界にいながら現代日本のスーパーの商品を取り寄せられるという便利スキルだった! しかし、隣国への旅の途中、護衛に振舞った「猪肉の生姜焼き」の良い匂いが、とんでもないヤツを引き寄せてしまい――!? “とんでもスキル”を駆使し魔物の肉を美味しく調理する男と、食いしん坊なフェンリルの旅が、ここに始まる! 原作者・江口連書き下ろし短編小説も収録!!
とんでもスキルで異世界放浪メシ 2巻
「うむ、どれも美味いぞ! おかわり!!」不安だらけだったムコーダの異世界暮らしもフェルが狩ってきた魔物の素材が大金に化けたおかげで落ち着きを取り戻しつつあった。気をよくしたムコーダはフェルに和牛ステーキや唐揚げ、ミートボールなどを振る舞うのだが、ネットスーパーで取り寄せた食材が原因でフェルの身に異変が――!? 他にも異世界にきたので魔法を覚えようとしたらフェルのスパルタ特訓がはじまってしまったり、なかなか地図が手に入らず困ったりと異世界の旅は一筋縄ではいかない。食いしん坊のフェルトムコーダの旅にプルプルしているあの魔物が新たな従魔として加わりますます賑やかになる異世界冒険譚、第2巻!
とんでもスキルで異世界放浪メシ 3巻
「夢にまで見たあんぱんなのじゃ!」 新たな従魔・ベビースライムのスイが加わったムコーダ一行に、突如女神ニンリルの神託が下る。以前異世界を覗き【あんぱん】に興味をもっていた女神・ニンリルが、異世界の甘味欲しさにコンタクトを取ってきたらしい。若干あきれたムコーダだったが、甘味を供えるとなりゆきで【女神の加護】をもらうことに。そして旅の途中、フェルがダンジョンを発見し、ムコーダの魔法特訓も兼ねて攻略を開始。命からがらダンジョンを潜り抜けてみると、成長進化したスイに変化があり――。ムコーダ飯のファンにスライム一匹と女神一人を加え、さらににぎやかになった異世界放浪譚、第3巻!
とんでもスキルで異世界放浪メシ 4巻
「こりゃ肉か!? しかも熱々!」オルトロスやグリフォンが住む危険な森を脱し、レオンハルト王国に到着したムコーダ一行。盗賊に襲われていたところを助けた商人・ランベルトと、商隊護衛冒険者チーム『不死鳥』と知り合い、彼らの目的地・カレーリナまで同行させてもらうことに。道中、フェルとスイにからあげを揚げていると、いい匂いに誘われ商隊の人達も集まってきてしまい、ブラックサーペントやロックバードの肉を使ったからあげをふるまうことになったのだが、気になるそのお味は……? 遂にカレーリナの街に辿り着いたムコーダは、魔物肉解体の為に冒険者ギルドに向かうのだが――。この街を拠点にまだまだ続く異世界放浪譚、第4巻!
とんでもスキルで異世界放浪メシ 5巻
「ずるいわよ~、お菓子を独り占めなんて」ギルドマスターからの頼まれ事を済ませたことで、ムコーダの冒険者ランクもついに“C”にランクアップ。これで安心して旅を続けられるようになったのだが、商人活動に興味を持ったムコーダは、もうしばらくカレーリナの街に滞在することを決意する。そして、久し振りに女神・ニンリルにお供えをしていると念話から響く声が複数に増えていき――。お菓子の魅力がさらなる女神たちを引き寄せてしまったようで……? 冒険者としても商人としても活動の幅を広がり、なぜか苦労が絶えないムコーダの異世界放浪譚、第5巻!
とんでもスキルで異世界放浪メシ 6巻
「あの肉を煮たのか! それは楽しみだ!!」 街に迫るワイバーンの討伐を頼まれてしまったムコーダ一行。美味い肉が手に入ると意気込むフェルは、スイに飛行モンスターとの戦闘のコツを教えて狩る気満々。二匹の活躍で難なく討伐を終え、依頼の報酬と素材の売上で小金持ちになったムコーダは遂に念願の「お風呂」を購入する。早速久々の入浴を満喫した後、豪華食材・ワイバーンの肉の調理を開始! 暇を持て余し、狩りに出ていたフェルが戻ってくると、そこには美味しそうなシチューが! しかし、あまりに薄汚れたその姿に風呂に入るまで食事のおあずけを言い渡され……。長くなったカレーリナでの逗留もそろそろ終わり?新たな旅の予感がする、異世界放浪譚第6巻!
とんでもスキルで異世界放浪メシ 7巻
「これめちゃくちゃ美味いな! もっとくれよ!」 ドワーフのギルドマスター・ロドルフォに頼まれ、クレールの森の異変調査に乗り出したムコーダ一行。凶暴化する魔物の姿は目撃するも、その原因はなかなか見つからず、夜を迎えてしまう。従魔達と同じく、腹が減ってきたムコーダは森で食事を済ませていくことに。ムコーダが餃子を作り、香しい匂いを漂わせているとどこからともなくピクシードラゴンが現れる。せがまれるままに餃子を食べさせてあげるといつものように従魔契約が成されてしまい―― 新たな従魔も増え、賑やかに旅を進める一行をドラゴン大好きギルドマスターがドランの街で待ち受ける、異世界放浪譚第7巻!
とんでもスキルで異世界放浪メシ 8巻
「我の火魔法で焼いてもこうはいかん――お主が火を使うとまるで違うな」 ドランで地竜解体を依頼するも、ドラゴンの皮膚がギルド秘蔵のミスリルナイフでも歯が立たず、ドラゴン肉は再びお預けになってしまう。肩を落とし宿に戻るムコーダたちの元に謎の人物たちから念話が届く。鍛冶神と戦神を名乗るその男神たちは、ドラゴンの皮膚をも切り裂けるナイフが製作可能となる加護の提供を申し出てきた。もちろん―― お供えをすればという条件で。神たちの協力も得て、遂にドラゴン肉を堪能した一行は、ドランのギルドが管理するダンジョンへ向かうのだった。罠や危険がいっぱいだけど、うれしい再会も待っているダンジョン攻略が始まる異世界冒険譚、第8巻! ◇電子限定! スピンオフ「とんでもスキルで異世界放浪メシ スイの大冒険」出張版8P収録