12/19(木)まで
読める!
reread
また読みたい
フォロー
1482年、琉球・第二尚氏王朝。──後に黄金時代と呼ばれる時代。山原に棲むユウナは、化け物と話せることから人に嫌われ、友達は獅子のシーとサーだけ。そんなある日、ユウナが持つ神力の噂を聞きつけ、時の王様・尚真王がお忍びでやってきて…!? ユウナと王様、ひとりぼっち同士が出会って運命が動き出す、琉球ロマンファンタジー!
15世紀末、琉球・第二尚氏王朝。――後に黄金時代と呼ばれる時代。山原に棲むユウナは化け物と話せることから人に嫌われ、友達は獅子のシーとサーだけ。ある時、ユウナの神力をもって尚真王・真加戸の呪いを解決したことで、ユウナは真加戸と友達になる! しばらくして、琉球ではひでりが続き、政務に忙しい真加戸を見て、力になりたいユウナ。真加戸の妹が雨乞いの儀式をすることになるが、妹には神力が無くて…!?
山原に棲むユウナは化け物と話せることから人に嫌われ、友達は獅子のシーとサーだけ。しかし、有能だが朝廷に信じられる者のいない尚真王・真加戸とユウナは友達になる! 那覇港(なはみなと)で大ダコの主の怒りを鎮める最中波にのまれ意識を失ったユウナ。目を覚ますと太陽という人物に囚われてしまった。真加戸を意識するこの人物は以前の世の王、第一尚氏の関係者で…!?
山原に棲むユウナは孤独な若き尚真王・真加戸と友達になり、お互いに惹かれ合っていく。真加戸の許嫁(!?)の居仁が現れユウナは今までに感じた事のない想いに囚われる。一方、真加戸も今の王府を憎悪する第一尚氏の生き残りティダから宣戦布告を受け――。