reread
また読みたい
フォロー
やれたかも委員会(1)
もしもあの時、勇気を出していたら… そんな誰もが心に秘めている忘れられない夜を犠星塾塾長 能島明、ミュージシャン パラディソ、そして財団法人ミックステープ代表 月満子が判定します。「やれたかもしれない夜は人生の宝です。」ネットで話題のあの作品が待望の電子書籍化。note、cakesで発表された第1話~第8話を大幅加筆修正。さらに特別編「まるでクジラの胃袋のような長い廊下で」6pを描き下ろしで収録。(保坂和志さんとの対談記事は紙書籍のみの収録となります。ご注意ください。)
やれたかも委員会(2)
あの日の出会いはなんだったのか。合わせ鏡のように続く永遠のクエスチョン。そんなやれたかもしれない思い出を犠星塾塾長能島明、ミュージシャンパラディソ、そして財団法人ミックステープ代表月満子が判定します。「やれたかもしれない夜があなたの味方でありますように。」2017年KindleUnlimitedランキング第1位。待望の第2巻。noteで公開されたcase009~case16に加え、特別編「多動力の男」を収録。(作家長嶋有さんとの対談は紙書籍のみの収録となります。ご了承ください。)
やれたかも委員会(3)
あの日の言葉、あの仕草、あの眼差し…。時間が流れるほど鮮やかになる記憶。そんなやれたかもしれない思い出を犠星塾塾長能島明、ミュージシャンパラディソ、そして財団法人ミックステープ代表月満子が判定します。「やれたかもの軌道上で大きく手を振り合えたらいい。」2017年KindleUnlimitedランキング第1位。待望の第3巻。note、cakesで公開されたcase017~case023に加え、今すべての秘密が明かされる… 特別編「犠星塾」を収録。(対談記事は紙書籍のみの収録となります。ご了承ください。)
やれたかも委員会(4)
夏の終わり、やれたかも委員会の元に届いた一通の分厚い手紙。差出人が語り出したのは22年前の大学時代の思い出だった。 青春時代。当事者の季節。そんなやれたかもしれない思い出を犠星塾塾長能島明、ミュージシャンパラディソ、そして財団法人ミックステープ代表月満子が判定します。「自由に飛び立てばいい。やれたかもの大空へ。」シリーズ初の長編「童貞からの長い手紙」に加え、特別編「月満子ぴったり合う」を収録。(対談記事は収録されていません。)