あらすじ

韓信がいないと見るや、項羽が攻め入ってきた。劉邦は韓信の残した言葉通り、王陵を大将に任じる。王陵は期待通りの働きで楚軍に大被害を与える。項羽は人質として捕らえてある王陵の母を利用して味方に引き入れようとするが、王陵の母は自ら命を断つ…。