reread
また読みたい
フォロー
【eBookJapan限定特典イラスト付き】トレース 科捜研法医研究員の追想(1)
【eBookJapan限定特典イラスト付き】科学捜査研究所。通称、科捜研。警察組織にありながら、被害者でも組織のためでもなく、ただひたすらに真実究明のためにのみ存在する特異な機関。犯罪捜査の最前線を、『元科学捜査官』の異色作家が描く、本格警察サスペンス。
トレース 科捜研法医研究員の追想(2)
元『科捜研』の異色作家が描く本格警察サスペンス。虎丸から明かされる23年前の「事件」。次第に明らかになる真野の「復讐」。すべては「悪を裁く」ために…。[第2巻の鑑定内容]臨場・ルミノール検査・DNA鑑定・ヨウ素デンプン反応。切断された頭部・DV・無理心中・腐乱死体・胃内容物。
トレース 科捜研法医研究員の追想(3)
科学捜査研究所研究員・真野礼二。誰の言葉にも耳を貸さず、真実だけを求める彼のもとに、また新たな鑑定資料がやってきた。撲殺され、埋められ、焼却され、遺体の痕跡が抹消された不良少年。真野は残る手がかり“土”を鑑定する。彼は言う『僕はただ 真実がほしくてもがいてるだけだ』と――――。そして23年前、真野の家族を奪った練馬一家殺人事件が動き出す。
トレース 科捜研法医研究員の追想(4)
科学捜査研究所研究員、真野礼二。確かな真実を求め、また新たな鑑定資料が彼の元へとやってきた。電車内で被害者女性の膣内に指を入れる痴漢事件。捕まった参考人の男は卑劣な犯人か? それとも冤罪か? 犯人の皮フ片、被害者のDNA、痴漢現場に残された真実への糸口。真野の地道な鑑定が、混迷極めた事件を解決へと導く。そのほか「危険運転致死傷罪」「科捜研であった本当に怖い実話」など収録。
トレース 科捜研法医研究員の追想(5)
科学捜査研究所研究員、真野礼二。誰よりも真摯に真実に向き合う彼の元へ、また新たな鑑定資料がやってきた。身元不明の腐乱死体。混合する2つのDNA型の謎。女児死体遺棄事件。凶器に残るわずかな血痕、不自然に汚れた衣服に隠された本当の死因。そして最後の容疑者・壇浩輝の口腔内細胞のDNA型鑑定。23年前、真野の家族を奪った「練馬一家殺人事件」に新たな新事実が明らかに!
トレース 科捜研法医研究員の追想(6)
科学捜査研究研究員、真野礼二。組織のためではなく、真実のためだけに鑑定をする彼の元へ、また新たな鑑定資料がやってきた。アパートの一室で起きた殺人事件。現場に残されたタバコの吸い殻と236点の血痕。そして、重要参考人に挙げられたのは、24年前に真野の家族を奪った「練馬一家殺人事件」の担当刑事の息子 志道優太だった。真野の前に現れた新たな“手がかり”が24年前の事件が大きく動かし始める――。
トレース 科捜研法医研究員の追想(7)
科学捜査研究所研究員、真野礼二。24年前に起きた「練馬一家殺人事件」の真実を求め、あらゆる可能性を追求していく。そんな時、10年前に虎丸良平がひとりで「練馬一家殺人事件」捜査していたことを知る。虎丸から明かされたのは、隠蔽された事件資料と真犯人の存在だった。彼は言う『犯人を殺すためだけに24年間生きてきた』事件解決のため、真野礼二が科学捜査官としての一線を越える――。
トレース 科捜研法医研究員の追想(8)
誰が? 何故? 家族を殺したのか? 24年前の事件の犯人が明らかに―――。新妻殺害容疑で指名手配された壇だったが逮捕直前に行方をくらませる。警察が必死の捜索を続ける中、壇から真野に連絡が入る……。ついに対峙する真野と壇。そこで明かされる新妻殺害の驚愕の理由。そして24年前の練馬一家殺人事件の『真実』に辿りつく―――。
トレース 科捜研法医研究員の追想(9)
科学捜査研究所研究員、真野礼二。彼が人生をかけて追い続けた「練馬一家殺人事件」の全てが、遂に明らかになる。衝撃の事実に驚愕する真野。その耳元で、宿敵・壇浩輝は囁く。「真犯人を、殺しましょう」――と。己の正義と憎悪を天秤にかけ…真野は究極の決断をする。