また読みたい
フォロー
大野ふみ、高校2年生。父親の借金返済のため住み込み家政婦をすることに。家主は…目つきも態度も悪い小説家・木曳野暁。新しい町での同居生活一体どうなるの──!?
小説家・暁の家政婦として働くふみ。暁は普段はつっけんどん。ときに厳しく叱ったり、ふとしたときにやさしさをみせたり──。ともに暮らす内にすこしずつ暁を意識しはじめるふみだけど?
暁のことが好きだと気付いたふみ。日ごと、思いはつのります。時につれなく、時にやさしい暁の言動やライバル(?)桂さんの登場に気もそぞろなふみ。さみしさがつのり、思わず暁の前で涙を流してしまいます。それを見た暁はふみを…?
暁に抱きしめられたふみ。暁への恋を諦めようとしていたのに──。心は乱れたまま夏休みに突入! 暁と悟郎について京都にいくことに。ところが悟郎が仕事で帰ってしまい京都で2人きり──!!
恋心を隠そうとするあまり暁ではなく別の先生が好き、ということになってしまったふみ。暁はそれ以降不機嫌です。ふたりの関係がぎくしゃくする中、ふとした暁の優しさにふみの気持ちは高まり─!?
「俺とつきあうか」暁の突然の告白。心、浮き立つふみですが、初めての恋人が暁ということに少し不安を感じます。そしてなにより暁の『天然ジゴロ』っぷりにドキドキがとまらなすぎて──。初恋、初彼、初デート、の6巻です。
「無意識にふみの布団に入ってくる。」等、つきあってからも、意識せず、今まで通りにふみにふれてしまう暁。以前より意識してしまうふみ。つきあっているからこその気持ちのすれ違いに2人は思い悩んで…? 「ひるなかの流星」獅子尾の番外編も収録! 【同時収録】ひるなかの流星 番外編 blue
必死に、心からの自分の思いを伝えたふみ。すると暁もふみへの思いを言葉にしてくれ、二人はついに……! 今までで一番幸せな日々をつづった第8巻です。「ひるなかの流星」馬村とすずめのその後を描いた番外編も収録! 【同時収録】ひるなかの流星 番外編 red
療養中の悟郎に代わり、暁の担当になった女性編集者・畝田。誠実でまっすぐな畝田と暁がお似合いに見えてしまうふみは、ひそかに焦りと不安を覚えるように。畝田と暁がふたりきりで京都へ取材旅行に行くと聞いたふみは――?
「私頑張ってみようかな」 畝田の告白で動揺したふみは、暁と言い合いになってしまう。家を飛び出したふみは悟郎宅へ。「オレふみちゃんのこと本気になっていいかな?」と悟郎に挑発された暁は――!?