reread
また読みたい
フォロー
「もし私の好きな人が女の子だったらどうする?」鎌倉のお嬢様学校&進学女子高を舞台に紡がれる、胸キュン“ガール・ミーツ・ガール”ストーリー、待望の第1巻!マンガ界大注目の志村貴子が描く、女の子の恋と秘密がいっぱいの物語。
「初恋を覚えてる?」少女たちの揺れ動く心、大切な恋と大切な友達――鎌倉のお嬢様学校&進学女子校を舞台に紡がれる、ときめき“ガール・ミーツ・ガール”ストーリー、待望の第2巻!☆杉本先輩と付き合いだしたふみ。それを応援しようと決めた幼なじみのあーちゃん。ふたりの絆がしだいに強まる中、ふみは自分の初恋があーちゃんだったと自覚する。杉本先輩が「嵐が丘」に客演する藤が谷演劇祭が始まったけれど…なんだか波乱の予感!?
鎌倉に夏が訪れました―。杉本先輩と別れ傷心のふみは井汲さんの別荘でみんなでお泊り。あーちゃん、ふみ、杉本先輩、井汲さんそれぞれの想い、それぞれの恋…。鎌倉に咲く純粋な青い花たちの心は揺れています。
「これじゃ、あたしがふみちゃんをすきみたいだ」鎌倉に二度目の春が訪れ、先輩は英国へ留学し、ふみとあーちゃんは二年生に進級しました。物静かな上田さんや元気娘の大野さんと出会う二人。そんな中、「私の初恋はあーちゃんなの」とふみに言われたあーちゃんの心には小さな戸惑いが芽生えます。そして今年も藤が谷演劇祭の季節がやってきて――。
「わたし、あーちゃんのことが好き」ふみから突然告白されて、戸惑うあきら。気持ち悪くなんかない。ただちょっとこわかった――。少女たちの心が揺れて交錯するなか、舞台「鹿鳴館」が幕を開けます。
親友であるふみの気持ちを知り、懸命に応えようとするあきら。戸惑いながらもあきらが出した結論は……。「つきあってみようか、あたしたち」。鎌倉のお嬢様学校&進学女子校を舞台に紡がれる、胸キュン“ガール・ミーツ・ガール”ストーリー、待望の最新刊。
「好きだから必死なんだ」幼なじみの関係から一歩踏み出し、付き合い始めたあきらとふみ。お互いを大事に思う気持ちは変わらないけれど――。志村貴子の大人気・胸キュンガールズラブ、最高潮!
◆胸キュン“ガール・ミーツ・ガール”ストーリー、ついに感動の完結!!!!!◆人を好きになることがこんなにみにくいことだと知らなかった/泣き虫な美少女・ふみと、しっかり者の元気娘・あきら。幼なじみの二人が再会したのは、高校生になった15歳の春。二人がわかちあったたくさんの思い出。笑顔と涙。恋と友情。少女たちの未来を照らすものは――