icon_reread
また読みたい
フォロー
二度目の恋
部屋の中で偶然みつかったマグカップ。それは5年前に別れた堅介との思い出の品だった――。イラストレーターとして誰にも縛られず一人で生きていく道を選んだ理絵だが、時に焦りと寂しさを感じていた。そんな時、友人の結婚パーティーで堅介と再会するが…。愛につかれた女性たちを描くオムニバス。