あらすじ

「28歳処女だってことを気にしてなんかいなかった。でも経験のないことが不安なんだってことを、あなたを好きになって初めて思い知った…」山渕百絵、28歳、腐女子をこじらせたアラサー処女。今まで人生で彼氏がいたことがなかった私に、金髪碧眼の王子様みたいな彼氏ができた。これって何の奇跡? と思っていたら、つきあってからが、大変で。最初のキスはいきなりやってきた。でもアーサー様は寝惚けていて、私の人生最初の偉大なる一歩を覚えていない。そう、この年でキスくらい騒ぐようなことじゃないってわかってる。向こうにとってはたかがキス、なんだろうし。きっと、大したことないと思ってるに決まってるんだ… でも…