reread
また読みたい
フォロー
ヒゲと こどもと 高校生が。 両親を亡くし、身寄りは他にないと思っていた青司(せいじ)にもたらされた祖父の遺産相続話。よくわからないうちに相続したのは、平屋の古民家。しかも住んでみると自分以外の住人が…!?
高校生、ヒゲとこどもに物申す。 両親を亡くし、身寄りは他にないと思っていた青司にもたらされた祖父の遺産。平屋の古民家を相続したけれど、それには妙なものもついていて…!? 土着日常奇譚、第二巻です。
高校生、ヒゲとこどもに三行半? 天涯孤独の身の上だと思っていた青司(せいじ)が相続した祖父の家。その家に居着いている、自称・神なヒゲ中年や子どもを「もしかして本当に神…?」とじわっと思い始めてきたものの…。土着日常奇譚、第三巻!
高校生、ヒゲとこどもに扶養義務? 天涯孤独の身の上だと思っていた青司が相続した祖父の家。その家の居候で自称・神の、ヒゲの友人だという自称・稲荷神の青司への忠告が、思わぬ波乱を巻き起こす!? 土着日常奇譚、第四巻!
ヒゲ中年、ヒモ中年の面目躍如? 天涯孤独の身の上だと思っていた青司が相続した祖父の家。その家の居候で自称・神たちとの喧しい毎日に、祖父絡みの厄介や、友人絡みの厄介なども発生。青司の危機に、自称・年神の年男の神性が炸裂!? 土着日常奇譚、第五巻!
高校生の青司が相続した祖父の家。そこで自称・年神&納戸神と何かと賑やかに暮らしていたが、祖父の初盆がやってきた。訪ねて来るのはもちろん人だけなはずもなく…。
高校生、ヒゲとコドモに八つ当たり。 天涯孤独の身の上だと思っていた青司が相続した祖父の家で自称・年神&納戸神と賑やかに一人暮らし(?)を送っていたが、周囲の人々にもいろいろとあるようで…。