icon_reread
また読みたい
フォロー
ビッグパンチャー(1)
ボクシングが大好きな小学生・天童ユウ(てんどう・ゆう)が、さまざまな出会いやライバルとの闘いで才能を開花させていく熱血ボクシングコミック。ボクシングが好きで近所のボクシングジムへ押しかけた天童ユウは、練習生の久保田(くぼた)と試合する事になり、油断した久保田を一発でノックアウトする。それを見ていたジムの会長・大塚(おおつか)は、ユウの才能を見抜いて勧誘するのだが……!?
ビッグパンチャー(2)
陽気な世界チャンピオン・アントニオロペスと仲良くなった天童ユウ(てんどう・ゆう)は、ロペスが父殺しという凄惨な過去を背負いながら地獄のような修業を乗り越えてチャンピオンになったのだと知る。その後、無敵のタフガイ・コング中島(なかじま)とのエキジビジョンマッチに参戦したロペスは、ユウへのプレゼントとして1ラウンドKOを予告するのだが……!?
ビッグパンチャー(3)
蔵間(くらま)の練習用リングに乗り込んで喧嘩を売った天童ユウ(てんどう・ゆう)は、ウエイト差がある田所(たどころ)と試合してボコボコにされながらも、ロペスの必殺技であるカウンター・カウンターを繰り出して勝利し、蔵間からボクサーとしての実力を認められる。その数日後、ひょんなことから暴走族に喧嘩して劣勢になったユウは、北海のサブと名乗る青年に助けられるのだが……!?
ビッグパンチャー(4)
シャーク亀田(かめだ)の弟にけしかけられた龍国中の番長・角倉(かどくら)から鎖で攻撃された天童ユウ(てんどう・ゆう)は、右腕を骨折してしまうが持ち前の負けん気で角倉を叩きのめす。その後、ケガのせいで中学入学が遅れてしまったユウが久しぶりにボクシングジムへ行くと、会長の大塚(おおつか)から角倉との一件でショックを受けたユウの母親がジムに通うのを反対していると聞かされて……!?
ビッグパンチャー(5)
ライバル・蔵間(くらま)と対戦するために中学の拳闘部へ入部した天童ユウ(てんどう・ゆう)は、顧問の神村(かみむら)との過酷な特訓を乗り越えて関東中学リーグ戦無差別級トーナメント戦に挑む。その後、パンチ力を武器に準決勝まで勝ち進んだユウだったが、二回戦で負かした新条(しんじょう)がいる香取中の不良グループに襲撃されて……!?そしてついに対戦したユウと蔵間、勝利はどちらに?熱血ボクシングコミック、怒濤の完結巻。