reread
また読みたい
フォロー
今、僕には、三つの困ったことがある。一つ、気付いたらここにいること…二つ、記憶が無いこと…三つ、刃物を持った女の子が目の前にいること…とある場所で意識を取り戻した時、異常な情景が目の前に広がっていた。舞台は2024年5月17日の近未来。『僕』の、謎と記憶を巡る物語が始まる…!国民的ミステリーコミック『名探偵コナン』の作者・青山剛昌先生からのオビコメント…「こんなカッコイイ名探偵オレが描きたいぐらいだ!」とお墨付き!新時代を問いかける本格派ミステリー!!
今、僕には、三つの困ったことがある。一つ、気付いたらここにいること…二つ、記憶が無いこと…三つ、刃物を持った女の子が目の前にいること…記憶を無くした高校生・武羽流星は、危険な革命団体の開祖にして頂点である『名無し』と拘置所で対面する。無くした記憶と問いかけられる謎の真相は!?さらに拘置所内では革命団体『正義の庭』が引き起こすの戦慄の事件が…!!国民的ミステリーコミック『名探偵コナン』の作者・青山剛昌先生からのコメント…「こんなカッコイイ名探偵オレが描きたいぐらいだ!」とお墨付き!新時代を問いかける新機軸ミステリー!!
今、僕には、三つの困ったことがある。一つ、気付いたらここにいること…二つ、記憶が無いこと…三つ、刃物を持った女の子が目の前にいること…記憶を無くした高校生・武羽流星とは一体何者なのか…何故、自分は命を狙われるのか…『名無し』を頂点とする危険な革命団体との対決から一転、思惑が交錯する警察組織と対峙することに!しかしその相手は、非常に頭の切れる捜査官であると同時に、武羽の幼馴染だった…!!新時代を問いかける新機軸ミステリー!!
今、僕には、三つの困ったことがある。一つ、気付いたらここにいること… 二つ、記憶が無いこと… 三つ、刃物を持った女の子が目の前にいること… 幼馴染でありながら優秀な警察官でもある零堂綴が、実は同じく記憶喪失であったことを見抜いた武羽。浮かび上がる不可思議な共通点… そして、武羽流星の命を狙う組織の頂点“名無し”が残したメッセージとは!?
今、僕には、三つの困ったことがある。一つ、気付いたらここにいること… 二つ、記憶が無いこと… 三つ、刃物を持った女の子が目の前にいること… 高校生の武羽流星、クラスメイトの翔寺束、幼馴染で警察官の零堂綴。3人は記憶喪失という異常な共通点の中で協力し合う。絶体絶命の危機の中、彼らが見出した真実とは? 遂に答えが捲られていく完結巻!!