あらすじ

今、僕には、三つの困ったことがある。一つ、気付いたらここにいること… 二つ、記憶が無いこと… 三つ、刃物を持った女の子が目の前にいること… 幼馴染でありながら優秀な警察官でもある零堂綴が、実は同じく記憶喪失であったことを見抜いた武羽。浮かび上がる不可思議な共通点… そして、武羽流星の命を狙う組織の頂点“名無し”が残したメッセージとは!?