icon_reread
また読みたい
フォロー
虚無戦史MIROKU(1)
元和元年の夏。大坂の陣に敗れた真田幸村の首を得た服部半蔵率いる徳川方の忍びの前に、不思議な術を使う霧隠才蔵ら真田十勇士の一味が立ちはだかった。時を同じくして、マグニチュード8の大地震が日本全土を襲ったそのころ、九龍城の城主・無幻大権は「竜」を飛ばしてならないと息子・弥勒に告げる。大地震と「竜」の関係とは!?そして真田幸村の驚くべき正体とは!?著者・石川賢入魂の『虚無戦記』シリーズの第一作にして傑作。
虚無戦史MIROKU(2)
真田十勇士・海野六郎は、自らが描いた絵を実体化させる能力を持っていた。戦いにより深いダメージを負わせることに成功した弥勒らは、六郎を追跡することで真田一族の居所を突き止める。そこに待っていたのは人間の姿を失い、魔人と化した真田幸村だった。真田十勇士・三好清海入道と九龍忍群・グズ虫の死闘を経て、幸村と対峙することなった弥勒。「竜」を動かすカギとなる“無限器”が勝負の明暗を分ける!!
虚無戦史MIROKU(3)
ドグラと呼ばれる謎の生物に寄生された弥勒の許嫁・夜叉姫。それはかつて天上界での戦いで開発された、もっとも醜く恐ろしい兵器だった。弥勒は夜叉姫に対し、ドグラの進行を阻むため自らを氷漬けにすることを命じ、その間に治療方法を見つけることを宣言。九龍忍群らとともに服部半蔵を訪ねたのだった。ドグラの秘密を聞き出すために、霧隠才蔵の配下・サミダレをねじ伏せた九龍忍群。やがて驚愕の全容が明らかになる。
虚無戦史MIROKU(4)
弥勒らの行く手を阻む霧隠才蔵の配下・六獣衆たち。苦闘をくぐり抜け、才蔵のもとを目ざす九龍忍群らもまた、仲間たちを一人また一人と失いつつあった。大量のドグラが生息する洞穴にたどり着いた弥勒一行がそこで目にしたのは、ドグラと一体化した霧隠才蔵の姿だった。ドグラによって真田幸村の影響力すら排除しようとする才蔵を止めんと現れた真田十勇士・猿飛佐助。敵味方乱れ、ドグラをめぐる攻防は激しさを増していく。
虚無戦史MIROKU(5)
霧隠才蔵との戦いのなかで「竜の艦(ふね)」のナビゲーターとしての記憶を覚醒させた弥勒。そのとてつもない力を恐れる徳川家康は服部半蔵に弥勒を捕らえることを命じる。半蔵の配下・百鬼衆に圧倒的な力を見せつけた弥勒の前に現れたのは、あの真田幸村だった。時を同じくして、月の横に現れたとてつもない規模のエネルギー体。そして物語は宇宙へ……。クライマックスにかけて怒涛の迫力で展開する完結巻!!