あらすじ

黒流会館の権利書がある金庫の鍵を丹寅朝太郎(たんどら・あさたろう)に託そうとし、丹寅家の門前で息絶えた久鬼丸(くきまる)。悲しみに暮れる朝太郎は、兵隊を集めて弔い合戦に意気込む陣内(じんない)を制止して、土佐の海近くに久鬼丸の墓をたてる。その後、朝太郎はすっかりふぬけてしまい、ケンカを売ってきた俄組のチンピラに土下座して……!?