あらすじ

全国制圧を狙う夜叉神会の魔の手が土佐にまで及び、久鬼丸(くきまる)の弟・九十九(つくも)は丹寅朝太郎(たんどら・あさたろう)が土佐に帰るのを待つ。一方、山陰へやってきた朝太郎とマー坊(まーぼう)は、夜叉神会の男達に襲われる女性と老人を助け、女性の屋敷で陣内(じんない)と再会する。そこで夜叉神会の者に兄弟分の勘介(かんすけ)が刺されたと知らされた朝太郎は、土佐へ帰る決意をするのだが……!?