icon_reread
また読みたい
フォロー
帝一の國(1)
時は昭和…。官僚や政治家を数多く生み出した超名門校・海帝高校で、帝一は頂点である生徒会長を目指す。派閥作りや政界さながらの生徒会長選が行われる海帝高校で、帝一はまず、クラスのルーム長を狙うが…。
帝一の國(2)
超名門校・海帝高校で生徒会長を目指す赤場帝一。次期会長の有力候補・氷室ローランドに見込まれた帝一は、生徒総会で大役を任される。だが、帝一を敵視する東郷菊馬の妨害が…。そして夏合宿では、ルーム長達のみで校内バトルロイヤルが繰り広げられる。帝一は生き残れるか!?
帝一の國(3)
名門私立海帝高校で、政界への近道である生徒会長を目指す赤場帝一。二学期を迎え、さらに熾烈な次期生徒会長戦が始まった。東郷菊馬と帝一は、氷室ローランドより強敵の草壁を次期候補者から消すよう、極秘任務を受ける。対立する東郷に先手を取られた帝一は…。
帝一の國(4)
多くの官僚や政治家を生みだす名門海帝高校。その頂点、生徒会長の候補者の一人・氷室は、公約で運動部系の票を一気に集める演説を行う。一方、帝一は選挙戦の最中に開かれる海帝祭の開会式と実行委員を任される。帝一は海帝祭を成功させつつ、氷室への票を確保出来るか?
帝一の國(5)
名門・海帝高校次期生徒会長選で、森園を会長にすると宣言した大鷹は、本田と森園を組ませて億章同盟を結成し起死回生を狙う。一方氷室のために奔走する帝一は、彼との間の違和感を感じていた。そして父から明かされる、父と氷室の父との敵対関係。混迷する選挙戦の中、氷室への忠誠心が揺らぐ帝一の進む道は!?
帝一の國(6)
海帝高校次期生徒会長選が目前!!氷室派と決別し森園陣営につく帝一。一方、劣勢となった氷室はついに禁断の手をうってきた。校内に混乱が起こる中、帝一が進行する運命の会長選が幕を開ける!!
帝一の國(7)
政治家へ続く道…名門、海帝高校の生徒会長。その次期生徒会長選が帝一の進行により開票。抜きつ抜かれつの得票の中、氷室の親友・駒の造反により、窮地に立たされた氷室。このまま森園が当選するのか?そんな中、弾が意外な行動をとって!?果たして、新生徒会長の座に就くのは、氷室か、森園か!?
帝一の國(8)
長き闘いが決着し、名門・海帝高校は、新生徒会長・森園が治める一年が始まった。それは帝一にとっても生徒会長の座を争う最終決戦の年。大鷹、菊馬に宣戦布告をする中、海帝高始まって以来の個性派揃いの新一年を、帝一は自陣に導けるか!?一方、動き出した森園生徒会の掲げた新たな案とは!?
帝一の國(9)
名門・海帝高校に未曽有の事態が!?新生徒会長・森園が提議した新法案の可否を生徒総会で問うことに。賛否、どちらに投票したか丸分かりの投票方式で、続々と投票が進む中、次期生徒会長戦の戦い方を根本から揺るがすこの新法案を阻止したい帝一に思わぬ危機が!?
帝一の國(10)
新法案を通した生徒会長・森園の下、変わりつつある名門・海帝高校。校内世論調査のショックから復活した帝一は、新たな仲間、久我に続き夢島を派閥に引き入れようとする。しかし、中学時代に仲が良かった久我と夢島は今や犬猿の仲。二人の仲の修復と派閥拡大のため、帝一は評議会をも巻き込んだ一手を打つが!?