reread
また読みたい
フォロー
峠軌八(とうげ・きはち)は、偽装と盗聴を繰り返す悪徳白アリ駆除業者。身辺で怪しげな出来事が続いたある日、奨学金の財団・TGAスカラシップを名乗る美女・デュアが、彼の盗聴技術を利用しようと接触してくる。ある情報を得るため、やむを得ず協力することに決めた峠――、最初の調査対象はIQ160を持て余す少年だった。人は、理念に殉じて生きる事ができるか。虹の音が鳴り響く時、人々の選別が始まる。
ベネズエラに“TGA”が手掛ける画期的な新エネルギーによる発電所と、奇妙な建築物が建てられた。《真・ボリバル同盟》を名乗る義賊団は、その施設の怪しげな噂を耳にし、秘かに探り始める。発電所が試運転をスタートし、次第に賛成派と反対派の対立が深まっていく中、取り返しのつかない悲劇が……。偉大なる建築家が握る、強大な力。ベネズエラを虹が切り裂き、世界の再構築が動き出す。
日本は“TGA”の公式支援国家を宣言。革命的な発電システム「光極(こうぎょく)」の誘致により、未曾有の好景気に突入していた。“TGA”の世界的躍進に危機感を抱いたアメリカは、日本に凄腕のCIA局員を送り込み、内部情報を得るため峠軌八(とうげ・きはち)に接触してくる。そんな中、“TGA”の東京本部が何者かに襲撃され……。衝撃の最終巻!物語は予想もつかなかったラストへ向かう!!