icon_reread
また読みたい
フォロー
伏 少女とケモノの烈花譚(1)
天保十三年――。江戸は謎のケモノ「伏」の脅威にさらされていた。猟師の少女・浜路は、江戸で「伏狩り」をして暮らす兄・道節の下へとやってくる。少女の銃口がケモノに向けられたとき、烈しく咲き誇り、儚く散る花のように、「因果」の歯車が回り出す――。
伏 少女とケモノの烈花譚(2)
猟師の少女・浜路は、兄・道節とともに、江戸で「伏狩り」をすることになった。2匹目の伏・凍鶴との闘いの中で、浜路が見たケモノの慟哭とは…?そして、ひとつの決意を胸に、浜路は伏と人間の「因果」のさらに奥へと足を踏み入れる――。
伏 少女とケモノの烈花譚(3)
「伏と人間を巡る因果を終わらせたい」猟師の少女・浜路と、伏・信乃が抱く同じ想い。しかし、二人の行く道は逆方向へと延びていく…。信乃が思い描く因果の果ての世界、浜路を操るように寄り添う影の正体。その全てを知った時、浜路は――?
伏 少女とケモノの烈花譚(4)
伏が業を背負う代わりに、栄華を極めてきた江戸の町。そして、伏を業から解放し人間へと還す信乃の計画。その全てを知った浜路の前に二つの道がある。信乃を殺し、このまま伏たちに業を背負わせ続けるのか信乃を見逃し、人間の世界を業の渦に堕とすのか「どちらを選びますか?」伏と人間との因果の物語、最終幕。