あらすじ

猟師の少女・浜路は、兄・道節とともに、江戸で「伏狩り」をすることになった。2匹目の伏・凍鶴との闘いの中で、浜路が見たケモノの慟哭とは…?そして、ひとつの決意を胸に、浜路は伏と人間の「因果」のさらに奥へと足を踏み入れる――。