あらすじ

ニュースで気象衛星が撮影した台風の写真を見た中年の大島元気(おおしま・げんき)は、現代の技術の凄さを感嘆するとともに小学校時代にやってきた超大型台風を思い出す。あの頃、ラジオで台風が夜半に上陸すると知った元気の家族は、ロウソクと飲料水と食料を用意して台風に備える。その後、家の戸締まりを終えた父親が会社へ戻り、残された元気兄弟と母親に台風の猛威が……!?