また読みたい
フォロー
バカ姉弟(きょうだい):豊島区巣鴨在住。ふたりは3歳(推定)。けがれなき子ら。多忙な両親は留守がちだけど、ご近所のみんなに愛されて、今日も元気に暮らしてる!読めば読むほど味わい深い、見れば見るほどかわいい。安達哲が贈る現代のおとぎ話、オールカラーコミック26話&描き下ろしイラスト多数収録。
豊島区巣鴨在住のバカ姉弟、推定3歳。留守がちな両親の代わりに、姉弟の面倒を見る料亭「稲月」の仲居・志津香(しずか)は、彼らに立派な大人になってもらおうと何かと世話を焼くが、姉弟はそんなことおかまいなし!ご近所のみんなに愛されかわいがられて、今日もすくすく伸び伸び育っております。クセになる読後感、オールカラー下町ファンタジー。
巣鴨の町からコンニチハ。仏様のようなバカのようなご姉弟(きょうだい)は今日も元気です!エスパー研究をする政府の秘密機関の人間に狙われ、両親の代わりに世話をする通称シズラーに幼稚園に入れられ、礼儀作法を身につけるためお寺に預けられ、そして町のみんなにかわいがられまくる!!珠玉の短編4ページ×26本。さあ、みんなで親のように見守ろう!
巣鴨の路地裏に棲息する一対(いっつい)の小仏(こぼとけ)。かと思ったらバカ姉弟(きょうだい)!彼らの面倒を見るシズラーの策略により、24時間安眠させられてしまったバカ姉弟。おねいの謎のパワーと神々しいまでのおでこの光を利用して、一攫千金を企(たくら)む悪人たち。自分の孫よりもバカ姉弟をかわいがるヘンクツ爺(じじい)。町の皆もやられっぱなしではありません。ご町内の楽しくかわいい暮らしは続く。オールカラー下町ファンタジー。
巣鴨の町で、野良猫のように伸び伸びと暮らしてきたバカ姉弟(きょうだい)。両親の仕事に区切りがついて、ついに親子一緒に暮らせる日が来ました。そのため、住み慣れたこの町を離れることに!!町の皆が別れを惜しむなか、引っ越し先は――隣町!?数奇なる運命、時を駆ける15年後の姉弟も一挙収録!子供は町とともに育っていく。大人になるって悪くない。安達哲が贈る、幸せな幸せな物語。