ゼロの白鷹(1)
昭和二十年五月七日、鹿児島県鹿屋基地から沖縄方面の米機動部隊に肉弾攻撃をすべく、五機の零戦が飛び立った。一番機山吹建夫は、愛する妻つや子との束の間の再会の後、「君の命を守るためにぼくは死ねる。きみは、どんなことがあっても強く生きて欲しい。」と言い残して去った。本宮ひろ志が描く、戦争で散った男たちの物語!
ゼロの白鷹(2)
二番機、中山義竜は暴れん坊で、予科練には入れたのはいいが、番外班。班の対抗競技に、一つでも負けたら除隊という厳しい特訓が始まった…。本宮ひろ志が描く、戦争に散った男たちの物語!
ゼロの白鷹(3)
昭和十六年十月、零戦隊は鹿児島へとんだ。強烈な体力、強靭な神経、一瞬で全てを把握する判断力に優れた中山義竜は、超一流の飛行機野郎を目指して頑張るのだった。本宮ひろ志が描く、戦争に散った男たちの物語!
ゼロの白鷹(4)
日本軍は、サイパン島・グアム島・硫黄島と、次々玉砕していった。番外野郎も、珊瑚海で平岩が死に、ミッドウェー海戦で絹代が死に、北島が死に、生き残ったのは義竜だけとなった。ボロボロになった初陣いらいの愛機で、義竜は鹿児島県鹿屋基地に降りた…。本宮ひろ志が描く、戦争に散った男たちの物語!
また読みたい
フォロー