icon_reread
また読みたい
フォロー
前田慶次 かぶき旅(1)
関ケ原の戦から一年、日ノ本は泰平の世になりつつあった。これまで数々のいくさ場に漢花を咲かせてきた前田慶次が、そんな世で大人しくしているはずもなく、戦国の風を求め、鎮西(九州)へと旅立つのであった――。生粋のいくさ人が魅せる、最後の大傾奇!前田慶次の“戦国武将”を巡る旅、開幕!!
前田慶次 かぶき旅(2)
いくさ無き世でいくさの風求め、かぶき者・前田慶次が向かったのは、鎮西(九州)肥後。そこは武将・加藤清正を始め、戦国を生きた強者達が集う地であった。肥後の空気を満喫する慶次だったが、そんな中、奇妙な剣を使う南蛮人が、肥後の民と諍いを起こしたとの情報が。公正な裁きをもたらすため、慶次が提案したのは、南蛮人と日ノ本の代表者による「御前試合」で―――!? 慶次の周囲に大きな「いくさ」の気配が立ち込める!
前田慶次 かぶき旅(3)
御前仕合は立花宗茂の圧勝で幕を閉じる。しかし一方で、キリシタンの更なる陰謀が動き始めていた。噂を聞きつけた慶次は、新たな仲間を加え、渦中である地・天草に向かう。そこで出逢うのは、無類の剣豪 “佐々木小次郎” をはじめとするキリシタン剣豪で!? 事態は、九州全土を巻き込んだ “いくさ” へ。
前田慶次 かぶき旅(4)
慶次達の前に立ちはだかる佐々木小次郎は、兵法者として挑んだ兵庫助を圧倒する。とどめを刺されるかという窮地を救ったのは、兵庫助の付き人である左兵衛だった。咆哮一つで敵を圧倒する左兵衛に、慶次はかつて関ケ原を戦った強者の名を口にする――。