あらすじ

文化祭でトラウマを思い出すも、迷惑をかけまいと平然を装う神田。しかし、「先生を孤独にしたくない」という瑠璃子のまっすぐな言葉が二人の距離を縮めていく。一方、ついに大橋は瑠璃子に告白。クラスの副担任・白河も神田への想いを強めていて…? 次にくるマンガ大賞2020ノミネート&共感の声、殺到! コンプレックスが魅力に変わる次世代少女マンガ!!