icon_reread
また読みたい
フォロー
無号のシュネルギア(1)
『3×3EYES<サザンアイズ>』高田裕三が描く、新世紀のボーイ・ミーツ・ガール。テロリスト“アンバック”によって国連から「巨大聖櫃(ヘヴィアーク)」二基が強奪された。「巨大聖櫃」に眠る「地球外機甲化AIシュネルギア」を起動する適合者として選ばれた高校生の二ノ宮シロは、同じくシュネルギアを操る国連のパイロットの少女・ブランカと激突する―――。与えられた運命を壊すための二人の戦いの旅が、ここから始まった―――!
無号のシュネルギア(2)
『3×3EYES<サザンアイズ>』高田裕三が描く、新世紀のボーイ・ミーツ・ガール。国連からの刺客<小さき破壊者(タイニーデストロイヤー)>ブランカ・ルルーとその乗機・フォルテイスをなんとか退けたシロと無号。だがその戦いの末、ブランカと精神を共有したシロは、敗戦の罰を受けた彼女と共に心停止を起こしてしまう―――。絶体絶命の中、ブランカの姉・ブレイズが愛機と共に襲い来る―――!!
無号のシュネルギア(3)
『3×3EYES-サザンアイズ-』高田裕三が描く、新世紀のボーイ・ミーツ・ガール。シュネルギア・無号と共に住み慣れた地を離れ、外の世界での旅を始めた二ノ宮シロたちに、ブランカの姉・ブレイズ率いる部隊が再び迫る。一方、懲罰を受けたブランカは、アフリカに落ちた巨大聖櫃(ヘヴィ・アーク)“バルタザール”を囲う勢力との戦いに召集される―――。シロとブランカ、二人はそれぞれの危機に立ち向かう―――!
無号のシュネルギア(4)
『3×3EYES-サザンアイズ-』高田裕三が描く、新世紀のボーイ・ミーツ・ガール。シロと新世代国連、ブランカと“地球の支配者(グローブ・ルーラー)” それぞれの戦いに巻き込まれた二人は、共に絶体絶命の危機を迎えていた。感応力によってブランカの助けの声を聞いたシロは、無号との飛び級進化(スキップ・エボリューション)の協調(シュネルギア)を果たし―――!? ブランカの危機に、覚醒したシロが駆けつける―――!