瑠璃と料理の王様と

きくち正太

あたりまえのぜひたく。
「なんでこんなに美味いんスか!? なんも言うことないっス!!」と叫んでしまうこと間違いなし。普段日常が美味しすぎる、こだわりグルメ漫画家のコミックエッセイ!!累計発行部数100万部超えの大人気グルメコミック『おせん』シリーズの作者が描く初のコミックエッセイ。これまで15年以上にわたって料亭の女将を主人公にしたグルメ漫画で料理の神髄を追求してきた「きくち正太」。当然のことながら、料理に対するこだわり、技術や知識も半端ありません。普段日常こよなく酒を愛し、ひと手間かけた料理とともに客人との会話を楽しむ……そんな彼の私生活が美味しくないわけないですよね!!この物語の登場人物たち──「マエスチョロ正太」こと、きくち正太本人。一家を支える〈おとうさん〉です。そして、おとうさんに負けずとも劣らない料理の腕前を持つ〈おかあさん〉は、どんな時でも冷蔵庫にあるもので瞬時にご馳走を作ってしまうスーパー主婦。そんな「きくち家」に入り浸る、食い意地の張った担当編集者。毎度、作品のネタ探しと称してマエスチョロの手を煩わす担当編集者は、ちょっとウルサイ厄介者。時に困らせ、時に怒らせ、勝手ワガママを言い募る。でも、そんな輩を瞬く間に黙らせてしまうのがきくち家の酒食の数々。決して高価じゃないけれど、旬にこだわり、産地にこだわり、愛情たっぷりなひと手間をかけた絶品料理は、唸り声なしに食べることなんてできないものばかり……。最後はいつも、みんながご機嫌になってしまいます!!その他にも見逃せない「おとうさんとおかあさん」ふたりだけの食事。ほっこり心が温まります。自家製めんつゆと冷凍そばで作る「絶品カレーそば」、研いだばかりの包丁で次々と捌いていく「アジの開き」、実家の畑で自ら掘り出した里芋がとろける「いものこ汁」、瑞々しい旬の大根を使い切る「大根フルコース」、塊の豚肉を七輪で豪快に焼く「炭火バーベキュー」、高価な食材などひとつもない「激ウマの朝ごはん」などなど。お酒だって豊富です。ハートランドにヱビスビール、お燗、冷酒。きくち家オリジナルの生しぼり果汁を使ったジンのカクテルも欠かせません。そんな「きくち家」でいただいたメニューの数々が収録された垂涎のコミックエッセイ。「今宵は、ちょっと料理してみようかな」と思わせること間違いなしです。
「なんでこんなに美味いんスか!? なんも言うことないっス!!」と叫んでしまうこと間違いなし。普段日常が美味しすぎる、こだわりグルメ漫画家のコミックエッセイ!!累計発行部数100万部超えの大人気グルメコミック『おせん』シリーズの作者が描く初のコミックエッセイ。これまで15年以上にわたって料亭の女将を主人公にしたグルメ漫画で料理の神髄を追求してきた「きくち正太」。当然のことながら、料理に対するこだわり、技術や知識も半端ありません。普段日常こよなく酒を愛し、ひと手間かけた料理とともに客人との会話を楽しむ……そんな彼の私生活が美味しくないわけないですよね!!この物語の登場人物たち──「マエスチョロ正太」こと、きくち正太本人。一家を支える〈おとうさん〉です。そして、おとうさんに負けずとも劣らない料理の腕前を持つ〈おかあさん〉は、どんな時でも冷蔵庫にあるもので瞬時にご馳走を作ってしまうスーパー主婦。そんな「きくち家」に入り浸る、食い意地の張った担当編集者。毎度、作品のネタ探しと称してマエスチョロの手を煩わす担当編集者は、ちょっとウルサイ厄介者。時に困らせ、時に怒らせ、勝手ワガママを言い募る。でも、そんな輩を瞬く間に黙らせてしまうのがきくち家の酒食の数々。決して高価じゃないけれど、旬にこだわり、産地にこだわり、愛情たっぷりなひと手間をかけた絶品料理は、唸り声なしに食べることなんてできないものばかり……。最後はいつも、みんながご機嫌になってしまいます!!その他にも見逃せない「おとうさんとおかあさん」ふたりだけの食事。ほっこり心が温まります。自家製めんつゆと冷凍そばで作る「絶品カレーそば」、研いだばかりの包丁で次々と捌いていく「アジの開き」、実家の畑で自ら掘り出した里芋がとろける「いものこ汁」、瑞々しい旬の大根を使い切る「大根フルコース」、塊の豚肉を七輪で豪快に焼く「炭火バーベキュー」、高価な食材などひとつもない「激ウマの朝ごはん」などなど。お酒だって豊富です。ハートランドにヱビスビール、お燗、冷酒。きくち家オリジナルの生しぼり果汁を使ったジンのカクテルも欠かせません。そんな「きくち家」でいただいたメニューの数々が収録された垂涎のコミックエッセイ。「今宵は、ちょっと料理してみようかな」と思わせること間違いなしです。