Dear Anemone

Dear Anemone

ストアに行く

生き残ってる3人の見た目が似ていて見分けがつきにくい。描いてる側にしてみれば「何でだよ全然違うじゃん」という感じだろうが、読み手にしてみれば猿が3匹いるようなもので、「それぞれ違う動物にしてくれ」という感じ。髪の色や長さをバラけさせてほしい。

人が海に引っ張りこまれた所の「え?」のコマの2人の位置関係が急にすごく近くなってるのとか、有毒物質をウイルスと読ませるおかしさとかが気になってしまった。ウイルスを「物質」と呼ぶのは違和感がある。

作者があれだけ上手な絵を描けるのは素晴らしいことなので、知識の面を編集者が補ってやるといいのではと思う。編集者にも知識がなくて忙しくて調べ物もできないなら、知識のある人の意見を聞いてみるとか。(色々な科学的な事実を無視しないと漫画は描けないというのもわかるが。)

読者は細かい事にいちいちうるせえと編集者はお思いだろうが、前回の隊が15人なのにモニターに写ってる顔写真が多すぎるとか明らかな突っ込み所が目立つと、読者を馬鹿にしているというか 編集者が漫画作りに真剣に向き合ってないのかなという印象を受けてしまう。

原爆・水爆の被害についてちょっとでも知っていれば、建物がひとつ壊れただけ(周りの木々は無事)の爆発を「核と同規模の爆発だからね」と言うのがどれだけシュールかわかると思う。
爆発について「3000度の熱」と説明されていたが、木は数百度で自然発火する。
フィクションなのだからストーリーのために科学的な事を無視する部分はたくさんあって当然だと思うけど、部分的には常識や現実に基づいたものにした方が説得力が出ると思う。

漫画に使う素材や言葉について、よくわからないまま雰囲気で何となく使うんじゃなくて一つ一つ調べながら話を作っていくと、より奥行きを感じさせるかっこいい漫画になると思う。

ありがとうって言われたくらいでちょっとほだされちゃうアネモネさんが何だか可愛いぞ…?🤭

この作品、色々ツッコまれたり厳しいことばっか言われてるけど、絵の緻密さなどの魅力によって、それだけ人の気を引けているということではある。
(全然人の興味を引かず、粗探しすらほとんどされずにスルーされる作品も世の中にはあるから…)

この作品がこの先ヒットするか、それとも次以降の作品でヒットするかはわからないけど、応援してる。これからも(健康第一で)頑張ってほしい!😆

オカッパのおばちゃんが言った「ご武運を」は、戦に出かける人にかける言葉で、現代では鬼滅の影響で若者が冗談半分に使うことはあっても真面目に使われることはないと思うので、「おもしれーおばちゃん^^おばちゃん鬼滅好きなのか?」と思ったw

いずれまた人間のお客さんが研究所に来ることもわかってただろうに、ラーテル君に警備を任せる時「何でもかんでもすぐ殺さない」って指示してなかったのかな。

研究所にいた誰かさん、警備員ラーテル君の暴走を制止しようとせずに瞬殺しちゃうんだ。ケダモノ相手とはいえシビア。

ラーテルはアネモネを見たはずなのに一切言及しない。アネモネが、主人公の体内に引っ込んでる時なのに1コマだけ現れたりする。不自然に伸び縮みする距離や空間。違和感の少ない漫画を描くのって実はもの凄く難しいことなのかもしれない、と思わされる。

でも未熟なぶん伸びしろが大きいとも言えるし、まだ作者さんの作家人生は始まったばかり。大変だろうけど最後まで、より魅力的な漫画を描き上げてほしい。

今週は結構良かったと思う。
でもロベリアが「人間とは何か?」等と一人語りしてる部分が、ページが無駄につぶれてもったいないように感じた。(謎がもりだくさんなので話を進めてほしい。)作者、知的な雰囲気を出すことには向いていないタイプだと思う。かえって逆効果になりがちかも。もし知性の感じられるものを描きたいなら、いつか色々な本を山ほど読んでからがいいかもしれない。

ただ吹っ飛ばす、ただ切り刻む、という場面はもう楽しませてもらったから、そろそろ関係性や感情のドラマを見せてもらえるとうれしい。

ここまで出てきた島の生き物達は(アネモネ以外は)とにかく人間を攻撃してくるし、その理由は捕食もしくは単に「暴力や殺すことが好きだから」って感じだけど、いつもそれだと浅くて飽きてしまうから、いつか「攻撃してこない怪物」や「それなりに複雑な事情や感情が理由で攻撃してくる生き物」も出てくるといいかもしれない。

あと、今後誰かが誰かを助ける時は、「相手の事はよく知らないし愛着もないが人として助ける」だけではない、感情の絆ができた上での私情挟みまくりの人助けも見たい。

何かよくわかんないけどこの漫画に心を奪われてしまってるので続きを楽しみにしています。

今週、話が進んでよかったし絵もわかりやすかった。

先程いきなりぶっ飛ばしてきた暴力女ロベリアに対して、どうでもいいこと(アネモネとの関係の浅さ)をごちゃごちゃ説明しようとする鉢植君。やっぱり鉢植君てちょっと変わってるな…😅(ロベリアは多分2人の関係にそれほど興味無いと思う…)
その空気の読めなさ(一般的な感覚とのズレ)が、コミュ障の陰キャである鉢植君「らしい」と言えば「らしい」…

名無し

狼やカマキリの絵は精細で素晴らしいと思う。

始めの船の上からだけど、背景や位置関係が変幻自在でつじつまが合わないのが気になってしまう。
例えば舞台が地下なら地下階の見取り図とか、部屋がどれくらいの広さと天井の高さで どの辺にどんな感じの設備があって、とかをざっくりとでも設計した上で、今キャラがどこにいるかを決めて描くと、背景のちぐはぐさや位置関係の不自然な変化が減って、整合性や説得力が出るのかも。

この作品はたまに日本語が不自然で、作者や編集は国語があまり得意ではない印象だったけど、そのわりには今回のナレーションとかよく頑張ってると思った。(上から目線でこめんなさい)

復活したスッポンポンの彼のこれからが楽しみ。

鉢植君はキャラが薄いので、奥行きや存在感を増すような意外な面があったりするといいのかな…?

誰かの言動によってロベリアの心が少しでも救われてほしい。
単純な正論を振りかざしそうな陰キャで良い子の主人公よりも、陽キャなピアス男あたりが適任だろうか。
ロベリアが求めているのは自分を特別に見てくれる誰かであって、誰にでも平等に優しい主人公やアフロ君ではないかもしれない。皆を平等に愛することは、誰も愛していないことと似ている。

ANIMA

ANIMA

視えない何かがそこに——青春ホラー祓魔譚47ページ!(ジャンプGIGA 2022AUTUMN)
試し読み
レンブラント

レンブラント

とある高校のどこにでもある日常。そんな中 主人公の漠はある想いを抱えていた。誰にも 受け入れてもらえないであろう熱情。周囲と自分が違うことに思い悩む高校生の漠。葛藤 の先で、彼女が出した答えとは…!?

Dear Anemone

でぃああねもね
著者:松井琳
でぃああねもね
Dear Anemone
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
以下のボタンから感想を入力することができます(別ウィンドウが開きます)
感想を投稿
完了する
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
"独自の進化"を遂げたガラパゴス諸島が舞台のホラーアクション!にコメントする