たくさんの方に読んでほしい素晴らしい連載が始まりましたね!

この日本で、国籍や人種が違う両親を持ち、いわゆる「ハーフ」として生きる女性を切実に描いた作品。
主人公は、母が日本人、父がフランス人(黒人)のハーフ(ミックス)の女性。
生まれも育ちも日本なのに、見た目はほとんど黒人なのでどこへ行っても「ガイジン」として扱われ、その度に心をエグられ、笑顔を顔に貼り付けて説明して笑って流すことで自分を守った。
おそらく、この感覚は当事者にならないとずっと分からない感覚だとは思う。
それでも、完全には分からなくとも、時間がかかったとしても知っていきたい。
具体的な数字を知っているわけではないけど、特定の職業や環境でもなければ日本は日常的に様々な見た目の人種と関わる機会は体感的に少ないように思う。
そして、人は見た目での印象が強いものなので、日常的に「ハーフ」と関わる機会がなければ一目見て「外国人」だと疑わないのかもしれない。
そういった無理解の大きな溝に、彼女らがいかに苦しめられ生きづらさを感じてきたのかが描かれた1話だった。
実際の感覚は分かりようがないにも関わらず、自分ごとのように感じて泣いてしまった。

ここから書くことは、この話で描かれてるものと同じものでは決してないんだけど、同様に「孤独」や「アイデンティティ」の揺れを感じた話です。
自分自身、日本人ではあるけど帰国子女で海外に10年ほどいた経験があって、日本で見た目も言葉も通じるけど「育ち」や「社会常識」が若干違うところで育っていたこともあって、会話で感じる違和感や感覚の違いで強烈に孤独を感じることがある。
先日、初対面の方と話す機会があって、簡単な世間話ではあったけど感覚的に分からない部分があって、少し掘り下げつつ話の前提を共有して詳しく話していた。
そこで、その人は「なんかあれですね、そこまで詳しく話さなきゃいけないことですか?なんとなくでよくないですか?」といったことを言っていた。
悪気なく発した言葉なんだろうけど、この人はずっと深く理解し合わなくても問題なく「普通」に暮らせたんだろうなと思って、そうではない自分に悲しくなった。

と、全く本編と関係ない体験が頭によぎってしまうほどにこの話は切実で響いた。
これから連載を追うのが楽しみで仕方がない。

半分姉弟 【第1話】揺らぐアイデンティティを抱きしめる

「ハーフ」への無理解の壁とアイデンティティにコメントする
user_private
『半分姉弟』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ

半分姉弟

はんぶんきょうだい
半分姉弟