広告でまわり、見事につられました。

瀬戸内海に浮かぶ島が舞台。
主人公の大鳥サキは、高校時代、男女のいざこざが原因で、クラスメイトのリーダー格であるマリコから陰湿なイジメを受ける。
マリコは島でも有力者であることから、母親ともども村八分をうけ、結果、島を出ることになる。

数十年後、自分にした仕打ちを忘れたかのように笑って暮らすクラスメイトたちが、偶然テレビに映る。
母も死に、夢だった教師も諦めた不幸な自分と比較して、島でのうのうと暮らす彼らに、ふつふつと復讐心が芽生え、姿も名前も変えて島に舞い戻る、という流れ。

島の閉鎖空間で、マリコを筆頭としたカースト制度のようなものがしかれ、異様な空間が広がってますが、島や小さい村というのはえてしてこんなものなのでしょうか。
要は、有力者が何でも牛耳る。

主人公サキは、マリコの前に、外堀を埋めるかのように彼女の取り巻きである元クラスメイトたちに少しづつ接近していく。

よくある復讐劇なのですが、島の異様な慣習というか島の有力者マリコの狂気じみた権力、はたまた受け継がねばならない使命感なのかが良いスパイスになって、物語を面白くさせてくれます。

マリコの子供と、何か秘密があるようで、ただの復讐では終わらない底深さがあります。

まだ2巻ですが、マリコの夫にも接近して、物語が動き出した感じがあります。
閉鎖空間での復讐劇が好きな人にはおすすめです。

復讐をはたすため故郷に戻ってきた女の物語にコメントする
『中学校狂師 ~カラス女は許さない~』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ