イングランド王国の覇権を争う薔薇戦争。両性具有で産まれたヨーク家の三男・リチャードが王位を目指す物語だがそこには、執着から起こる裏切りに次ぐ裏切りがこれでもかと詰め込まれ、恐ろしい。

男も女も欲に狂ってゆく。権力に連なる欲の形は様々だが、狂ってゆく表情は歪み、神や悪魔といった文言と相まって恐怖を増す。

リチャードは母に蔑まれ、自分の体を愛せず、誰も寄せ付けない。ついに女性を信じられなかった彼は、男性と様々に親愛の情を交わす。

その交わす情も、父への過剰な親愛、年上の友との穏やかな時の中で育む性無き愛、そして身を焦がす様な体も心も許せる愛と様々だが、それはほんの僅かな夢の時。

彼の結末は、史実通りならあまりにも悲劇的で切ない。産まれてきただけで悪魔と罵られた彼の幸福は、果たしてどこにあったのだろうか……。

権力欲の巣窟で育む愛とはにコメントする
user_private
『薔薇王の葬列』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ

薔薇王の葬列

ばらおうのそうれつ
薔薇王の葬列 1巻
薔薇王の葬列 2巻
薔薇王の葬列 3巻
薔薇王の葬列 4巻
薔薇王の葬列 5巻
薔薇王の葬列 6巻
薔薇王の葬列 7巻
薔薇王の葬列 8巻
薔薇王の葬列 9巻
薔薇王の葬列 10巻
薔薇王の葬列(11) 【電子特別版】
薔薇王の葬列 12巻
薔薇王の葬列 13巻
薔薇王の葬列 14巻
薔薇王の葬列 15巻
薔薇王の葬列 16巻
薔薇王の葬列 17巻
09/01(木)まで
読める!
09/01(木)まで
読める!