偏屈で偏食で超塩対応な米田。超ハイテンションで距離感おかしい麦。
正反対だけど大学もバイトも一緒でお隣りさんの2人が、一緒にご飯を食べて少しずつ仲良くなっていくお話。

米田も麦も性格に難ありなのがとてもよいです。米田はツンデレとかクールとか通り越して棘があり過ぎるし、麦は明るくていい奴だけど近づき方が強引すぎ。
そんな2人だからこそ、ぶつかり合って補え合えたのかもしれません。
食事や家族やコミュニケーションの在り方は人それぞれで、どう尊重して付き合っていくかが大事なんだなと思いました。
ほのぼのしたお話かと思ったのに全然ほのぼのしてませんでした。麦の弟が登場してからは特に。
でも、悩みや苦しみを抱えた2人だからこそ見守りたくなる魅力がありました。

短い中に人間らしさが詰まった素敵な作品でした。

凸凹な2人のヒューマンドラマにコメントする
『男子、隣人と食せよ』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ