すっごい話だった。
人は一旦どん底まで落ちたら、あとは上がるしかないという考えってあるけど、この漫画ではラストにかけてそのまたさらに底へ落ちていった感じ。衝撃です。
なによりずっと、主人公と親しい漫画家の女性との会話がキツかった。主人公、ああいう会話しててよく発狂しなかったな。
手書き文字のところがちょっと下手だったので、最初これは作者の実体験か(左手で描いているのか)?と思ってしまったんですが考えてみたら絵はちゃんとしてるしラストにかけての流れから、創作で良かったと思いました。

これは亡霊として出てきてしまった失くした利き腕を弔ってあげる話。そのはずだったのに…。

失くした腕を弔う話、だったはずなのに。にコメントする
『無くした利腕の葬式をあげる話』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ一覧をみる

次のクチコミ

前のクチコミ

このクチコミも読まれています

また読みたい
フォロー