一番下のコメントへ

父子家庭で育った主人公のみこと。父親の再婚で、4人兄姉弟となる。
その後、父は亡くなり、、母は、カメラマンで海外を飛び回っているので、4人暮らし。
みこととは、救急救命士。
手を合わせるとその人が助かるかどうかわかる特殊な能力がある。
そのため、救急車の中で、その人が今後どうなるか分かってしまう。そして、本当にそうなるか病院に確認に行くとそれは、はずれていないので、その能力を確信するのである。
そして、家族の中にも残り1年の寿命であることが分かってしまった人がいる。
大切な家族、幸せになってもらいたい、・・・。
知ってしまったからこそ苦しい。
ページをめくった途端に涙があふれてきます。
ぜひ、お勧めしたい作品です。

コメントする
11/15(月)まで
読める!
icon_reread
また読みたい
フォロー