卓球場で巡り合う優しい縁

一番下のコメントへ

内向的な高一女子は、街の卓球場の前で同じクラスの陽キャ女子と出会う。彼女に誘われて卓球を始めるが、実は二人にはある因縁があった……。

★★★

少し祖母に卓球を教わったことのある主人公。その祖母と卓球場と、陽キャ女子の祖母の縁を辿りながら、主人公と陽キャ女子がダブルダブルスを組んで試合に出るまでを描く。

卓球漫画としては「初心者あるある」が沢山描かれていて、ちょっと他の卓球漫画とは一線を画す。この作品を一言で表すと「本気で楽しむ」という台詞。真剣にやるけど、それでつまらなくなっちゃ意味ないよね、という力の抜け方がいい。

卓球の大会の描写も面白い。老若男女が混ざって争う大会は、卓球ではよくあり、確かに小学生に負けたり、お年寄りに負けたりすることはよくある。当たり前なので悔しくもないのだが……いや嘘だ。めっちゃ悔しい。

初心者なりの戦いも熱いし、二人の友情物語も熱い。隠キャの成長譚と縁の巡り合わせと独特な卓球文化を織り込んで、充実の一冊だった。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー