一番下のコメントへ

よくBL作品を見て思うのが、「ボーイズ」ラブと言いつつ出て来るのはおっさんが多いなぁ、という事。その事をBL愛好家がどう思うのかは聞いてみたい所なのですが、ことこの短編集では、出て来る三つの関係性に必ず「少年時代」が描かれていて、おっさんを描きつつ「ボーイズ」を名乗る事に説得力があります。

子供の頃に出会っていたり、救われたりという記憶を持ち続けた人の強い囚われは、信頼から恋心へ、必然として変わっていく。男性同士の恋愛感情が分からない私にも、自然に共感出来る感情が、そこにはあります。

そしてその中に一編だけ、百合作品があります。強引に親密さを築く様子は、他の作品とかなり違いますが、無垢な人に「刷り込み」をする点は共通しています。あり得なかった関係性を何とか繋ぐ、強い想いに目眩がします。

百合姫作品がBLの中に入っているというだけでも、珍しい作品集なのでは?無垢な信頼が強い愛着に変わる物語を、繰り返し読める作品集です。

BLは普段からよく読みますが、百合が一緒に載ってるのは珍しいですね。ただ不思議と違和感は全くなく自然な流れで一冊読めました!

あうしぃさんのクチコミで紺野キタさんが気になり始めて、ちょうど本作がKindleUnlimitedにあったので読んでみました。他にももっと読んでみたいのですが、どれにしようか迷いますね…!

BLは普段からよく読みますが、百合が一緒に載ってるのは珍しいですね。ただ不思議と違和感は全くなく自然な流れで一冊読めました! あうしぃさんのクチコミで紺野キタさんが気になり始めて、ちょうど本作がKindleUnlimitedにあったので読んでみました。他にももっと読んでみたいのですが、どれにしようか迷いますね…!

BLは普段からよく読みますが、百合が一緒に載ってるのは珍しいですね。ただ不思議と違和感は全くなく自然な流れで一冊読めました! あうしぃさんのクチコミで紺野キタさんが気になり始めて、ちょうど本作がKindleUnlimitedにあったので読んでみました。他にももっと読んでみたいのですが、どれにしようか迷いますね…!

@nyae

BLも百合も描く作家さんはいらっしゃいますが、BL短編集にポツリと百合、というのはやっぱり珍しいですよね。Kindle Unlimitedにあったんですね、気に入っていただけて何よりです!

紺野キタ先生は何を読んでも間違いはないのですが、一番はやはり『つづきはまた明日』ですかね。万人におすすめできる感性のお化けみたいな傑作。

短編集なら『夜の童話』『知る辺の道』、BLなら『SALVA ME』、長編はいずれも良いですが、『ひみつの階段』と『Dark Seed―ダーク・シード―』は登場人物が多くてややこしいのでゆっくり取り組んでいただければと思います。逆に一番気軽なのは『猫の手はかりない!』ですかね。1巻完結の『カナシカナシカ』も設定盛り沢山の割にはわかりやすくて、密かに愛してます。

どれを選んでもハズレ無しだと思っているので、どうぞお楽しみに!

BLも百合も描く作家さんはいらっしゃいますが、BL短編集にポツリと百合、というのはやっぱり珍しいですよね。Kindle Unlimitedにあったんですね、気に入っていただけて何よりです! 紺野キタ先生は何を読んでも間違いはないのですが、一番はやはり『つづきはまた明日』ですかね。万人におすすめできる感性のお化けみたいな傑作。 短編集なら『夜の童話』『知る辺の道』、BLなら『SALVA ME』、長編はいずれも良いですが、『ひみつの階段』と『Dark Seed―ダーク・シード―』は登場人物が多くてややこしいのでゆっくり取り組んでいただければと思います。逆に一番気軽なのは『猫の手はかりない!』ですかね。1巻完結の『カナシカナシカ』も設定盛り沢山の割にはわかりやすくて、密かに愛してます。 どれを選んでもハズレ無しだと思っているので、どうぞお楽しみに!

BLも百合も描く作家さんはいらっしゃいますが、BL短編集にポツリと百合、というのはやっぱり珍しいですよね。Kindle Unlimitedにあったんですね、気に入っていただけて何よりです! 紺野キタ先生は何を読んでも間違いはないのですが、一番はやはり『つづきはまた明日』ですかね。万人におすすめできる感性のお化けみたいな傑作。 短編集なら『夜の童話』『知る辺の道』、BLなら『SALVA ME』、長編はいずれも良いですが、『ひみつの階段』と『Dark Seed―ダーク・シード―』は登場人物が多くてややこしいのでゆっくり取り組んでいただければと思います。逆に一番気軽なのは『猫の手はかりない!』ですかね。1巻完結の『カナシカナシカ』も設定盛り沢山の割にはわかりやすくて、密かに愛してます。 どれを選んでもハズレ無しだと思っているので、どうぞお楽しみに!

@あうしぃ@カワイイマンガ

「感性のお化け」ってすごい…!細かく教えていただきありがとうございます!
ハズレなしと聞いたらこれから読むのが楽しみです〜!

コメントする

このクチコミも読まれています

子どもが健やかに育つには・・・
nyae
nyae
10ヶ月前
親をはじめとした身近な大人たちが全力で守ってあげなくてはいけない。しかし、過保護になりすぎてもいけないのが難しいところ。 少し子供を心配しすぎ?気にしすぎ?とも思える杳と清の父親。父子家庭になったばかりという背景ももちろんあるけど、子供がもし事故にでもあったら!?誘拐されたら!?クラスメイトに悪口を言われたら!?と心配で心配でならない親の気持ちが痛いほどにわかる。 この漫画はそういった、子どもを守る立場の大人たちの目線と、守られる子どもたちの目線どちらも真摯に描いた素晴らしい作品。子ども時代を思い出して懐かしさも感じつつ、大人の目線で子どもの成長を見つめる感じで読みました。 マンバでおすすめしてもらったんですが、こういう漫画、もっとくれ…!と読み終わった今なってます。 すべての子どもが健やかに育つには、大人はどうすればいいんでしょう。と考える。そうやって大人が悶々と考えてるうちに、子どもはどんどん大きくなる。 結局大人にできることって、あーだこーだ口は出しながらも、無事に育っていくところを見守り続けることなのかな。
つづきはまた明日
BLに介入する非男/女性的なもの
あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
6ヶ月前
紺野キタ先生のBL短編集。少年から大人まで年齢は幅広いが、いずれも非男/女性的なモノを巡る物語になっている。 『SALVA ME』はボーイソプラノに惹かれた男子が、再会するその子に「惹かれたもの」を見いだせず、関係を上手く築けない話。その「惹かれたもの」は、儚い中性性。 また『告白』と『小泉くんと愉快な仲間たち』は一連の物語で、寄宿舎の仲間になるのに、〈少年美〉の魔性・近付き難さを捨てていく話。 『とてもじゃないけど見つからない』は女装少年が、離婚したゲイの父親に一時引き取られる話。その続編『めばえ』は、そんな女装少年を虐める少年の「めばえ」の話。女装はするけれど性自認は男とか、女装を拒否する心理の奥にある性愛の形など、複雑。 『天使も踏むを恐れるところ』は、古い親友と彼の幼妻との出会いの話。BLなのでまぁ、そういう事だが、訳あって成長出来ない妻の、立ち位置と愛の形に驚かされる。 男性同士の性愛もありながら、男/女になりきれない儚い存在がオトコノコを惑わす掌編達には、甘い夢を封じ込めた感覚がある。
SALVA ME
女子には壊せないBoys Love
あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
8ヶ月前
紺野キタ先生の、これぞ語義通りのBL短編集。少年〜青年期の男子の、深い結びつきを描くがそれは、精神的な繋がりの話迄なので甘く優しげ。 大小あれど共通して描かれるのは、女子の介入。どこか「鋭い」女子が男子二人の間にいる事で、困難な物語が生まれ、男子同士はごく自然に結び付く。彼らの関係を祝福したくなるし、女子の幸福も祈りたくなる。 ●『田園少年』『夜桜少年』『初恋少年』…野球部の男子二人と、マネージャーで親戚/隣家の女子の勘違いしがちな関係性。 ●『Top Of The World』…親の再婚できょうだいになった、二人の男子と妹。兄と妹は同じ人を好きになってしまう。 ●『カエルの王子様』…カエルと渾名された少年と、カエルを吐く少年。 ●『よるを訪うもの』…ある時見知らぬ少年と、親密になる。しかし病弱な妹とクラスのリーダーは彼に忠告する、それ以上近寄るなと。
田園少年
また読みたい
フォロー