一番下のコメントへ

流石に時代を感じるな〜というところと今読んでもバチバチの鋭さが宿ってるところの差がすごいなと思いました。
例えばダイヤルQとかパーティーラインのくだりは自分は全く知らない文化だったから正直「?」だったんだけど、描かれてるテーマ自体は「SNSで知り合った人たちがやんちゃする的なノリなのかな?」みたいに今の感覚でもスッと読み解けるというか…。

自分みたいにアニメ化決まって初めて読んだ人と当時から読んでた人では見え方が違って面白いんじゃないかと思ってトピック立ててみました。雑談用に使ってください。

ちなみに今2巻の途中まで読んでて一番お気に入りのエピソードは、娘の仇を呪い殺そうとしてたお母さんに流くんが嘘ついて復讐を止めさせる回です。
「『他人』には本当の『傷』は絶対に分からない(から復讐する)」とか、最近の復讐モノでも頻出のテーマだけど見開きの演出がすごくて息を呑みました。オチもビターでインパクトが強かったです。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー