いろいろ惜しいけど広島弁がかわいい信国さん

一番下のコメントへ

タイトルから、男子目線で進む話かと思ったら、主人公の信国さんが隣の席の転校生・佐々木くんを振り向かせるために頑張る話でした。
生粋の箱入りお嬢様の信国さんは恋愛知識も皆無。なのでティーン向けファッション誌のモテテク講座ページを読んでお勉強中です。なんだけど、書いてあるとおりに実践するもやることなすこと絶妙に微妙でいろいろ惜しい。
一方お相手の佐々木くんは、よくいる鈍感男子ではなく、信国さんの言動に対し「自分のことが好きなのかも」と勘付くんだけど、信国さんが惜しいせいで「やっぱり違うのか…?」の繰り返し。
3話の最後、信国さんの友達の「あのふたりはゆっくり見守ってくんがえーんじゃない?」というセリフがこの漫画のすべてを現している。それしかない。

信国さん、最初は友達いないのかな…と心配になったけど、3話で素敵な友達がたくさんいて「良かったね…」となった。友だちの前では小狡い顔も見せてくれる信国さん。

信国さん、最初...

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み