思い出せないマンガコーナーで話題に上がった「GENIUS零男」が気になったので読んだが予想以上に傑作だった。

サウナで全身の毛を剃るところから始まり試合開始するのが徐々にその過去が明らかになっていくがその進め方が最高にいい。始まりは主人公が大衆食堂で何十回も来てるのに同じ席でカレーしか食わないでTVを見ている。TVの中継でボクシングのチャンピオンが「俺に挑戦して勝ったやつには女優の彼女を一夜自由に扱う権利を与える」で女優の方が「チャンピオンの天才を信じます」とところで主人公が一言「・・・・天才・・・・」と呟きボクシングを始める。
そこからチャンピオンとの試合と過去が交互に書かれていくが、徐々に減量がきつくなっていきトレーナーが家を訪ねた時に主人公の真の目的がはっきりするがこういう理由ってのがすごい良いし試合も終わりラスト1ページで全て解決してラストのコマがあれっていうのもいい。

ちなみに2巻に掲載されています。

剃毛 + カレー + ボクシング = 傑作にコメントする
user_private
『ラブ&ファイヤー』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ