技術の進歩で風化される専門技術を思う

一番下のコメントへ

時代の流れとともに、昔は人の手でやっていたことがボタン一つで片付いてしまう。
そんなところに、なんとなく哀愁を感じるんですよね。

電気をつけるのも昔は木から火を起こしていたわけです。
それがランプになって、今はスイッチスイッチひとつですよ。
手作りだった下駄も、今は工場であらかたつくってしまうわけです。

映画の世界も、時代はデジタル再生です。
なんなら人もいないかもしれない。
映写機を使ってフィルムでみれる映画館もどんどん減ってます。

本作はそんな希少職業の一つ「映写技師」のお話。
スクリーンに写す映像を、フィルムで順次流し込む仕事です。

映画1本で、巻き尺みたいに巻かれたフィルムの束を何本も使うこともしばしばで、そのつなぎこみをうまくやる熟練のテクニック。
1分1秒を見逃さず、観客にむけて映像を絶え間なくきちんと流す。

純粋にすごいのですが、機械に取って代わられてしまった技術なんです。

それでも人の手でやることに、私は味があると思うんですよね。

面倒だからという理由で、簡素に効率化して失われてしまったものたち。
そこに、本質があるんじゃないかと思ってしまうわけです。

本作の主人公も、そんなレトロな技術に没頭します。
これから先、使い物になるかどうかわからない技術なのに、
打算もなく、純粋にただ好きで楽しむ姿はすごく良いです。

あぁ、まだこんな世界があるんだなと痛感させられる作品でした。
やっぱり人が関わっている、人がつくっているっていいもんです。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー