のび太と鉄人兵団

一番下のコメントへ

私が初めて観たドラえもん(てんとう虫コミックス)ドラえもん映画、はじめて買ったドラえもんコミックス、新ドラに呼び戻してくれた作品、思い出いっぱいです。

大長編ドラえもん大長編ドラえもんの中では、珍しいと思われる
「のび太たちの世界の直接の危機」

終始ミリタリー風味が感じられ、限られたリソースと鹵獲したザンダクロスでどのように大長編ドラえもん鉄人兵団を迎え撃つか?
ドラえもん作品と言うより、「ひとりぼっちの宇宙戦争宇宙戦争」などのハードSF寄りな異色作では無いかと思っています。
敵である鉄人側にも彼らなりの正義で動いており、「ロボット奴隷を開放するために人間を労働力として使う、奴隷ロボットは幸せになれる」が、40年近くたっても刺さる内容です。
そしてゲストキャラクタであるリルルとしずかちゃんの交流もまた刺さる
「やっぱりほっとけないわ・・・。」刺さる

ラストについては、藤子・F・不二雄藤子・F・不二雄先生自身「納得がいっていない」と何処かのあとがきに書かれていたと思います。(ソースは忘れしまいましたが・・・)
私は、あのラストには結構納得しており「藤子先生でも、ああする意外のび太たちを勝たせる術がなかったのだ」と思っています。

また、これは意見が別れるかもですが、
この作品は「原作漫画」「旧映画」「新映画」の3つのタイプで楽しむことができます。私的にどれが一番かと言うと、圧倒的に「新映画」となります。

原作・旧映画で薄かった、のび太サイドがキレイに補完されいるのが、原作主義派だった私に「ドラえもんと言うコンテンツが、藤子先生の手を離れた今でも、まだ生きているコンテツ」だという事を実感させてくれました。
好きすぎて映画館に毎週行っていた

「新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜」超名作だから観てくれ・・・頼む・・・

私が初めて観た...

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー