地味だけど良作の予感 #1巻応援

一番下のコメントへ

読んでまず、すごく丁寧につくっている作品だなという印象でした。

自分が好き自分が好きな作家八十八良八十八良先生(「不死の猟犬不死の猟犬」「ウワガキウワガキ」)のようなやわらかやわらかい絵柄で読みやすく、昨今のストーリー漫画に多い、飽きさせないようにやたらとヒキをつくり「がち」なものが、この作品にはない。
(ない…は言いすぎたが、無理がなく、仰々しくもない。)

悪く言うと地味なのかもしれないが、家族を題材とした内容とよく合っており、個人的に好感がもてる。

さて、大まかなストーリーだが、地元でワルだった父親と娘の二人の話。
母はすでに他界しており、いない。
素行不良だった父親のせいで、周囲から孤立してしまった娘は、いつしか父親を恨み、避けるようになる。
父親も父親で「過去は変えられないから」と、昔に何があったか話そうとしない。
そんな父親の煮え切らない態度が原因で大喧嘩をし、父親が出ていってしまう。
数日後、帰ってきたときは、なぜか赤ちゃんになっていて…という話。

赤ちゃんになった父親とともに現れた、死神を自称する猫サンシロウ。
なんでも彼がミスったことが原因で、父親の肉体までもリセットリセットしてしまったという。
しかも、成長速度が早い状態で。

そんな感じで、子供に戻った父親と娘の、少し変わった親子の物語。

面白いなと思うのは、娘に育てられてワルだった父親はどう変わるのかということと、結果娘と父親の関係はどうなるのかというところ。
過去は変えられないという父が、子供からやり直し、何かを変えていくのか。
父親がいなくなったことで、少しづつ明らかになる、子供になる前の父親の素顔と、それに伴って起きる娘の心境変化。

親子関係を中心に面白くなりそうな仕掛けが色々あり、どう転ぶのか楽しみです。また娘が現実を受け入れながら、学校と育児をこなして成長していく姿は、素直に応援したくなります。
大変で、愚痴るときもあるけど、何だかんだ頑張ってしまう姿は、リアリティあってグッときます。

久しぶりに完結まで続いて欲しいと思った作品でした。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー