ネタバレ
聖書デビルマンの並行世界

一番下のコメントへ

デビルマンデビルマンについてはデビルマンを読んでいただくとして
デビルマンレディーデビルマンレディーはそのパラレルパラレルワールド的な物語。

不動明が主人公を務めた私のバイブル「デビルマン」と同様に、不動ジュンという不動姓の女教師女教師が主人公となる本作。さすがに女子高生でやるとマズい内容なので大人の女性が主体である。(教え子JKがミンチになるケースはいっぱい出てきちゃうけど)

確か連載開始時に西武新宿線の中吊りでデカデカと宣伝されていたのが97年だか98年なので今考えるとだいぶ古いけど、私にとっては初めてリアルリアルタイムで読んだ永井豪永井豪作品でもあって思い入れの深い作品でもある。

作中では男性が主人公だったデビルマンよりもやっぱりというか当然というか、ギャグなしのお色気シーンが多数あり、不動ジュンもアスカ蘭(エヴァじゃない)もかなりアダルトな意味で酷い目にあう。
初っ端からジュンは強制的にそういう覚醒の仕方をさせられており(こちらは瀕死のバイオレンス寄りだった気がする)、アスカに至っては完全に壊れてしまう描写が印象的で当時ネットもそんなに普及してなかったと思うのでクチコミはわからないけどあれは結構波紋を呼んだのではないだろうか。
どちらも超美女という事もあり♂デーモンは人間の姿の彼女たち彼女たちに興奮するのは仕方ない、とする豪ちゃん節が効いている作風。
そういう意味では期待を裏切らないが、果たしてデビルマンを聖書として崇める私のようなタイプは結末まで読んでどう感じるのか賛否両論ありそうな感じではあります。

個人的には(今となっては、だけど)パラレルワールドであることを理解して読めばそれでもいい、と大半は飲み込めるのでいいかな。
だがほんとに最後の方、終盤の展開は…という感じですかね。
男性(ヒーロー)が女性を守るというのはわかるし、これも永井豪先生のパズルパズルとしてカチッとハマってしまった形なのであれば納得しなければとは思いますが、でも彼が出てくるのは…まぁ、うん。

とにかくクオリティは高く、シリアスな永井豪作品をあまり読んでいない人には(「デビルマン」はもちろん「魔王ダンテ魔王ダンテ」「凄ノ王凄ノ王」「バイオレンスジャックバイオレンスジャック」など)入りの作品としては良いのではないかと。
衝撃的な展開が多く、永井豪デーモンを知るのにはピッタリである。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー