そのキャラクター性と子どもたちを夢中にさせた数々のギャグは、もはや日本人なら誰でも知っていると言っていいほどの国民的作品。
最初は大人向けに描かれたことが伺えるギャグが多く、しんのすけも少し大人っぽく、クールでキザである。巻数を重ねるにつれ、子供にも受ける内容になっていったが、相変わらず下ネタ含むギャグはキレがすごい。作者の臼井儀人氏は本当に頭が良いと関心してしまう。また感動するような話やシーンも多く、どんな人が見ても人間の良さ、楽しさが感じ取れると思う。家族の素晴らしさや友達の素晴らしさもよく描いており、読んで幸せになる漫画である。

 しんちゃんはアホなことをやりながらも、やるときはやる男かつ正義感も強いです。
 そこが皆に愛される秘訣ではないでしょうか?

クレヨンしんちゃんは永遠にコメントする
『クレヨンしんちゃん』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミをもっとみる