最後まで読むべし

一番下のコメントへ

最後の最後まで読み、そこで当時論争が各所で起きた。
そのぐらい読者全員惹き込まれていた事がわかる。

賛否両論とはまさにこのことで、最後のあれはアリかナシか。
はたまたこうすれば良かったとか、こうなってたら良かったとか、大吉はこうすべきだったとか。

思いの丈を吐き出す場が必要になった。そんな作品。
ちなみに鬱エンドとかではないので安心してほしい。

私はこの作品がすごく好きだったし、最後のも大賛成派だ。
読み切った後、宇仁田ゆみ宇仁田ゆみ先生最高!と感動して溜め息と共に本棚に戻そうとして、明日も振り返ろうとリビングにあえて置いたぐらいだ。

みんながみんなそうだと思って、同じく読んでいた上司にその話を振ったが彼女はウ~ンと唸った。
そこから呑みに行き、お互いにどうだったかを素直に語り合った。

この作品が多くの人に既に届いているのは知っているが、未読の人は是非読んで感想を語ろう。
私が読んだのは連載当時だけど、いつ読んでも素晴らしい名作なので。

コメントする
11/28(木)まで
読める!
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー