偉大な研究者と仲良くなれる唯一無二の本

一番下のコメントへ

あとがきを読むと、高野文子高野文子はフィクションの世界と実用性を同時に持つ物語を志向し、著した作品であると語っている。

ドミトリーともきんすドミトリーともきんすは、その言葉通りの作品だ。日本の名研究者の若かりし頃に想いを馳せて、もしも自分が寮で暮らしていたら、という空想から展開される。

私は研究者には詳しくないが、なんとなくキャラを掴んでるんだろうなぁと思えるくらい魅力的に彼らが語られている。偉大な研究者に対して、こんなに親しみを抱かせてくれる作品が他にあるだろうか?

物語の世界の中で、研究者たちと仲良くなれたような気になってしまう素敵な作品だった

コメントする
reread
また読みたい
フォロー