甘く蠱惑的な美しさ

連載時、この作品が無料で公開されていて、なんて幸福なんだろうと感じていました。
えすとえむえすとえむ先生はエロスとタナトスを描かせたら天下一品という作家だと思っているのですが、この作品は本当に匂い立つような色気があります。
ジャン=ルイはショコラショコラを愛する。甘党だが、時にビターな人生の真実も教えてくれる。少年時代少年時代の思い出だったり、かつて愛した人であったり。ショコラを通して描かれるのは、紛れもない人生の真実であり、読者は作中で描かれるチョコレートチョコレートの甘さやほろ苦さまで想像させられます。
色気と食い気。人間の欲望。まさしく生きるということ。名手の紡ぐ、一握の物語。ナイトキャップにお薦めです。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み

このクチコミをフォローしているユーザー