とにかく殴られ続ける。血と汗と涙と鼻水まみれのサラリーマン宮本

ドラマは見ておらず、今度は映画化されるとのことで読んでみました。
まだ10巻くらいまでしか読んでませんが、こんなにも読むのに体力と気力がいるマンガだと思わなかったのでクチコミ書いて一旦落ち着こうかなと思います。

内容を一言でいうと、ただのサラリーマンがこんなに人に殴られることある?というくらいしょっちゅう殴られます。10巻の時点で前歯が四本無くなってますし。
ある意味それが才能と言ってもいいくらい。

ただその中でも、確実に宮本浩という男はどんどん変わっています。心も体もボコボコに殴られながらも、なんとか営業マンとしての振る舞いも覚え、仕事に対する情熱も生まれ、絶対に諦めないしつこくて鬱陶しい男になっていく。

本来なら人が殴られる描写の多いマンガは好きではないですが、なぜか宮本からは目が離せないんですよね。不思議…。
個人的には、SCATTERくらいから作者のことを知ったので、読み進めるほどに今の作者の絵柄に近づいていく過程が面白い。

映画はどうなんでしょう。気が向いたら見てみようかな。

ドラマのキャストを確認したら全員ピッタリすぎてびびった。こんな事ある?

テレビ東京 ドラマ25 宮本から君へ [完全版]宮本から君へのオフィシャルサイトです。主演 池松壮亮 × 監督 真利子哲也 原作の熱量そのまま!新井英樹の人気漫画が待望の実写ドラマ化!


映画見るしかないかもな

コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

store